最新の情報はTwitterをご確認ください

指導指針

1. 学力・人間性ともに高い、総合力を身につけてほしい。

自習会TerraScholaは、国算(英数)を中心とした全教科 無学年制です。

できる子は学年を超えて学習し、中学受験レベルのテキストにチャレンジしている子もいます。社会に出ると、様々な状況に、前向きに立ち向かわねばなりません。

学力はもちろんのこと、忍耐力、創造力、コミュニケーション力、その他マルチに対応できる人材は、生き方の選択肢が増えると思っています。

公立中で揉まれて総合力を鍛え、高校で将来活躍する友人達と出会い、切磋琢磨しながら成長する、というのが公立トップ高の環境です。

自習会テラスコーラの講師は、2人とも大手中学受験塾の講師でしたので、

決して中学受験を否定するものではありませんし、国立・私立中の良さもよく知っています😊

(中学受験塾への準備コースもあります。)

どんな環境の子にも、いつからでも、高い志さえあればチャレンジできる代表としての「公立トップ高校」です。最終的に行けるか行けないかはご本人の努力次第ですが、トップをめざすことで得られる学力や精神力は、その後の人生に生きてくると思います。

以前にブログでご紹介しましたが、最近の市立西宮高校の大学進学実績と教育費についての記事です。

教育費のお話
5月なのにもう夏のような暑さ💦みなさん体調くずされていませんか?今日は予告と変わって、進路アドバイザーらしく(笑)教育費のお話を。というのも先日、市立西宮高校の最新の進学実績をHPで見てきたのですが.

灘や甲陽などの最難関と呼ばれる私立中でさえ、東大・京大へ行くのは至難の業です。

小学生の早いうちから塾へ通い、中学入学後も私立中と塾のダブルスクール・・というのが、

今ではスタンダードと言われています。

(実際に後伸びする子の多くは、早くから塾へ行ったりせず、家庭でやっていますが。)

1人のお子様に対する経済的な負担、小学生からの時間の制約がありますので、それ相応の努力と覚悟が要ります。

また、中学受験を考えておられるなら、一度学校のホームページで、大学進学実績を見られることをお勧めします。学年の卒業生が何人で、何人主要な大学へ進学しているのか。また、成績が振るわなかった子は何処へ行っているのか、中学入学から高校卒業までに何人辞めているのかも調べておかれると、各学校の実態が見えてきます。

御家庭の方針、お子様のタイプに応じて、より良い選択をなさってください🍀

2. 勉強だけでなく、クラブ活動はじめ、スポーツ・芸術・検定 など学外でも活躍してほしい。

そのために、自習会TerraScholaは、開室日ならいつ来ても良い、時間が自由になる教室です。

学外の活動と勉強を高いレベルで両立していると、高校や大学に推薦入学できる道があります。

最近は、有名校なら全国大会レベルの活動実績に加えて、5段階評価の3.5〜4.0以上という高い学力が求められています。

例えば、スポーツや音楽で将来トップクラスの環境に進むには、幼少の頃から有名なチームや先生に師事し、小学校高学年には1週間のほとんどを練習に費やす生活になります。そんな中でも勉強の手を止めないことが、進学の選択肢を増やす方法です💪

自習会TerraScholaは、大手塾のように同じ曜日の同じ時間に一斉授業をするのではなく、自分のペースで学習できる教室です。

「週末に試合があったから宿題ができなかった」という子には「じゃあ今日ここで頑張ろうか。」という対応をしています。

また、学校の宿題をやってもかまいませんので、私立小学校から系列中学へ内部進学される方で、学校の宿題をしに来ている方もおられます。「学校で出された課題」で、主に算数とさせて頂いておりますが、「月曜と金曜に開いている自習室」のような感覚で通って頂いています。

個別の状況に応じて臨機応変に対応できるのも、アットホームな教室ならではです😊


タイトルとURLをコピーしました